昨年度アカコン受賞者に聞く!パート2

こんにちは!

相も変わらず暑い日が続きますね。溶けてしまうのではないかと感じるほどですが、皆さま体調など崩したりはされていないでしょうか。

先週に引き続き、昨年の第19回アカデミックコンテストにおいて、【小説】エンターテインメント部門で優秀賞を受賞された、人文学部3年の小野圭一郎さんへのインタビューを掲載します。

後半は制作時に意識していることや、プロットの立て方など、作品についてのお話をお聞きしました! Read more

進捗状況!

 

 

 

こんにちは。

 

蒸し暑い日が続いていますが皆様夏バテなどしていないでしょうか?

 

私たちは元気に過ごしています(*^_^*)

 

 

今回はポスター班、展示班、SNS班の進み具合を報告します!

 

ポスター班は、ポスターを完成させ大正大学内に張り付けているところです。

l lk

これのほかに4種類のポスターがあります。

 

 

 

展示班はアカコン関連の展示物の装飾を作成し終わり次第展示に取り掛かる予定でいます。

 

大正大学内に何点か貼ってあるので皆さんもぜひ探してみてください!

 

 

tt

SNS班はtwitterでアカウントを作り随時更新しています。

部門紹介なども行っているので、投稿の参考などにもしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

LINK

 

Twitter公式アカウント @tais_akakon

 

第20回応募要項

 

第20回開催概要

昨年度アカコン受賞者に聞く!

こんにちは!

オーブントースターの方がまだいくらかましなのではないか、と感じるような暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は、昨年度実施された第19回アカデミックコンテストにおいて、【小説】エンターテインメント部門で優秀賞を受賞された、人文学部3年の小野圭一郎さんにインタビューさせていただきました!

前半後半の2回に分けて掲載します。今回はアカコンを知ったきっかけや、書き手の思う応募のメリットについてお聞きしました!

使用写真1

7月上旬のある日。インタビュアーと小野さんが同じ文芸同好会のメンバーということで、サークル棟3階、文芸同好会の部室にてお話を伺いました。

同好会メンバーの話し声がBGMです。

 

――本日はよろしくお願いします

よろしくお願いします

――ではまず自己紹介をお願いします。と言ってもお名前などは別で載せますので、趣味などを

趣味ですか?趣味は小説や漫画を読むことと、アニメを見ることと、音楽を聴くことです。最近では『ひとりぼっちの地球侵略』という漫画が特に気に入っています

――ありがとうございます。それではさっそく本題に入らせていただきたいのですが、アカコンを知ったきっかけはなんでしたか?

アカコンを知ったきっかけは、文芸同好会に入る際に、そういうものがあると聞かされたので、その関係で知りました

――なるほど、そういえば私も入部時に説明を受けた記憶がありますね。では、具体的に「応募してみよう」となったきっかけはありましたか?

作家を志望しているので、たくさん作品を書きたいと思い、その機会の一つであるアカコンに応募しました。また、応募した作品を先生方が批評してくれるというのを先輩方から聞いたのも、アカコンに出そうとおもったきっかけの一つです

――ではそうすると、アカコンに応募するメリットは、そういった先生方の批評があるということでしょうか

そうですね、アドバイスを頂けるのはとてもありがたいことです

 

インタビューはまだ途中ですが、小野さんありがとうございました。

来週も引き続き小野さんへのインタビュー記事となります。

次回は制作時に意識していることや、プロットの立て方など、作品についてのお話を伺います!お楽しみに!


LINK

Twitter公式アカウント @tais_akakon

第20回応募要項

第20回開催概要

応募要項はチェックしていただけましたか?

こんにちは。

梅雨に入り、雨の日が続く今日この頃。みなさんいかがお過ごしですか?

作品制作に手を付けている人もいるのでしょうか。

今年はどんな名作が誕生するのか今から楽しみです!

さて、いよいよ本年度アカデミックコンテストに向けての活動が本格化してまいりました!

ヽ(^o^)丿

みなさん、応募要項はチェックしていただけましたか?

毎回ブログに添付しているのでご確認ください。

アカデミックコンテストの応募資格は学部・学年とも不問です。少しでも興味のある方は、ぜひ応募してみてください。もしかしたら、あなたの作品が『銀杏』のページを飾るかも!?

思い出づくり、力試し、気まぐれ・・・・せっかくの貴重な機会、そんな動機で楽しんでみるのもいいかもしれません。

現在、展示・ポスター・SNS・ブログの4班に分かれて活動しています。私たちブログ班も、『銀杏』制作まで頑張って進行していきますので、乞うご期待ください!


LINK

Twitter公式アカウント @tais_akakon

第20回応募要項

第20回開催概要